Archive for June, 2007

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

Wednesday, June 20th, 2007

多くの優良クライアントを抱えるデザインファーム IDEO のゼネラルマネジャーが語る IDEO 成功の秘訣、といった趣きの本。ものすごく多くの事例をもって語られるのは、

  • 成功するクリエイティブには、温室のように広く心地よいオフィススペースが必要
  • 成功するクリエイティブには、イノベーションを追求し続けるパッションが必要
  • 成功するクリエイティブには、究極のブレーンストーミング (*) が必要

といったところ。文章には独特の高揚感があり、アメリカ的・シリコンバレー的な雰囲気を強く感じさせる。デザインの輪郭 を著した深澤直人さんもかつて IDEO に在籍、ということだが、デザインに対するスタンスにおいて、二人に差異を感じるのは、現場とマネージメントという違いなのか。ともかく、デザインファームという日本ではまだ珍しい業態の成功事例を豊富に読むことができる、価値ある一冊。

(*) 著者によれば「究極のブレーンストーミング」とは下記7項目であるとしている。

  1. 焦点を明確にする
  2. 遊び心のあるルール
  3. アイデアを数える
  4. 力を蓄積し、ジャンプする
  5. 場所は記憶を呼び覚ます
  6. 精神の筋肉をストレッチする
  7. 身体を使う

デザインの輪郭

Sunday, June 17th, 2007

デザインの輪郭

工業デザイナー・深澤直人さん 書き下ろしのエッセイ集。「INFOBAR」「壁掛式CDプレーヤー」といった他に例を見ないデザインを多く手がける深澤さんの発想の原点はどこにあるのか? 深澤さん自身の飾らないことばで書き綴った興味深い一冊。

プロダクトとウェブサイトという違いはあれど、深澤さんの言葉には、ウェブサイトにも適用できそうなデザインポリシーが感じられる。それは、モノとヒトとの関係性。それを使うヒトの状況・環境・心理など想定しないことにモノのデザインなどできないのは、ウェブサイトもプロダクトも同じ。モノとしてツールとして、デザインするにあたってどんなことを考えておくべきか、この書籍はさまざまなヒントを提示してくれる。

椅子をデザインするとき、情報なんて必要ないでしょう。
もちろん人は必要です。生活も必要です。
でも情報は必要ないですね。
今、何が流行っているかという情報を知れば知るほど、
自分のつくるものも
流行っている通りのものになってしまいますよ。

情報は経験値です。
人が加工した情報は、たいしたことはない。
僕にとっての情報とは、あなたと私が今、
考えてはいなくても同じ椅子の座の感触を同時に感じているというようなことです。

(略)

人間が生きるために使っている環境の中にあるすべての情報を
自分で自覚できるということがデザインできるということです。

環境との関係性をみているんですよ。
ものをつくるという意味だけじゃなくて、
人とコミュニケーションする意味でも
インタラクションをデザインしている。

(「31 情報と経験」より)

DS and PSP

Monday, June 11th, 2007

p1010569.jpg

先月急に思い立って購入してから早一ヶ月。どちらもまだそんなプレイできてないのだけど、以下取り急ぎの印象。

  • どのゲームも操作感の完成度高し。スクロールや選択位置の移動とかいたってスムーズでつっかえる感じがない。
  • どのゲームも画面の完成度高し。小さい画面に必要な要素を必要なだけ配置している感じで無駄が少ない。
  • どのゲームも画質のごまかし方?のレベル高し。ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーの戦闘画面の背景はほぼモザイク状態だが、しばらく気付きもしなかった。
  • どのゲームも意外に難しい。日々ゲームに時間を割くことなどできないこの状況で、すんなりゲームの世界に入っていけたのは、脳トレみんなのゴルフ だけだった。

というわけで、なにぶんゲームなど10年以上買ってなかったので、驚きの日々が続いている。

Sitemaps

Sunday, June 10th, 2007

広告、ブックマークときて、今度は Sitemaps を導入。この Sitemaps、もともとは Google がはじめて、以降 Yahoo!、MSN も対応した、ということで、検索ロボット向けの標準的になりつつある仕様の模様。詳細は以下に詳しい。

設置にあたっては以下を参考にさせていただいた。

上記をもとに作業を行ったところ、以下ファイルが生成された。

検索ロボットに対する情報提供、ということで、検索結果などによい影響が期待できそうだが、Sitemaps 単体での効果測定の方法がないようにみえるのだけど、どうなんだろうか。

’Save This Page’ Button – Yahoo!ブックマークに対応

Thursday, June 7th, 2007

del.icio.usはてなブックマーク に引続き、Yahoo!ブックマーク に対応。下記を参考に、登録ボタンと登録数表示の両方をとりつけてみた。

登録数表示の JavaScript コードのスタイルが若干古め?な感じなので、ちょっと困ってしまった。登録数を表示するには、表示したい箇所に

<script type="text/javascript" src="http://num.bookmarks.yahoo.co.jp/ybmno.php"></script>

を入れればよいことになっている。ブラウザでロードすると、この script タグは、以下を返してくるが、

document.write('<a href="http://bookmarks.yahoo.co.jp/url?url=http%3A%2F%2Fblog.shimazu.org%2Farchives%2F117">1')

いきなり HTML に書き込んでいるのに加え、a タグの閉じタグがなく自分で付け足すほかなし、といった感じでプログラム制御がとてもしづらい感じになってしまっている。せめて登録数だけ返すとか、id 指定に基づき既存の HTML タグに値を入れ込むとか、JSONP とか、表示と分離された実装が望ましいように思う。

結局、以下のようなコードを記事テンプレートに書き、

<a href="http://bookmarks.yahoo.co.jp/action/post"
onclick="window.open(); return false;">
Add to Yahoo! Bookmarks</a>
<span id="yahoobookmarks">
<script type="text/javascript" src="http://num.bookmarks.yahoo.co.jp/ybmno.php">
</script>
</a></span>

※一部省略
※あらかじめ span タグは display:none; を指定

JavaScript 外部ファイルには(若干回りくどい)以下コードを追加した。

(function(){
var E = YAHOO.util.Event;
var D = YAHOO.util.Dom;
// snip
E.addListener(this, 'load', function(){
	var a = D.get('yahoobookmarks').childNodes[1];
	var i;
	if( a && (i=parseInt(a.innerHTML)) ) {
		a.innerHTML = i + (i==1?'user':'users');
		D.setStyle('yahoobookmarks','display','inline');
	}
});
})();

過去の関連記事:

追記(2007/06/08):
同僚 T 氏からいただいた指摘を受け、JavaScript コードを若干修正。

制作者のルール10

Sunday, June 3rd, 2007
  1. 擬態語を使わないこと(例:うにょーん、びよーん、ふわーっ、しゅっと、がーっと、ばーっと)
  2. 「この仕様になってるのは○○さんがいってたからです」といわないこと
  3. (理由説明なしに)「違和感があります」といわないこと
  4. 「ひとまず」「いちおう」「とりあえず」を(極力)いわないこと
  5. 書くときも話すときも考えるときも箇条書きにするのを心がけること
  6. 自分の考えに固執せず、人との対話のなかから落としどころを見つけること
  7. 自分の格好以上にアウトプットの格好を気にすること
  8. 「自分のアウトプットへの評価=自分への評価」と捉え、自分のアウトプットの評価にかかわる全事象を気にすること
  9. 「5つのなぜ」に即答できる論理力をもつこと
  10. 白い靴下をはかないこと

(参考:フリーランスの手帳より

自分自身守れてないところもあるけど、こうありたいと思っている。

Amazonおまかせリンク

Sunday, June 3rd, 2007

Google AdSense に引き続き、導入。

Amazonおまかせリンク(R)は、常にあなたのWebサイトの内容に沿った商品を自動的に選択して表示します。

という触れ込みなのだけど、ベータ版ゆえか、コンテンツマッチの精度が少し甘い気がする。が、サイトに関連する書籍を自動選出・表示してくれるツール、と考えると、AdSense 以上に有用な予感がする。