Archive for October, 2006

Graceful degradation

Tuesday, October 24th, 2006

品のある劣化? 直訳するとまたもよくわからないけれど、Progressive Enhancement に引き続き、JavaScript での実装におけるキーワードを見つけたので、メモ。

内容としては、JavaScript OFF の閲覧環境において、必要最低限の情報が得られる・必要最低限の機能が使えるように、実装上の配慮を行う(配慮した実装を行う)、といった感じみたい。

例えばポップアップウィンドウを呼び出すリンクの場合、

<a href="#" onclick="popUp('http://www.example.com/');return false;">Example</a>

ではなく

<a href="http://www.example.com/" onclick="popUp(this.href);return false;">Example</a>

のようにする、とか。

JavaScript で画面を作りこんでるときとか、href に正規の URL 入れてもあまり意味をなさない、といった問題はあるけど、実装時の心がけ?として大事になりそう。

余談だけど、Wikipedia で調べてみたら、Fault-tolerant system と同義語扱いになっていたのが興味深い。

「若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読む

Wednesday, October 18th, 2006

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来年功序列・終身雇用の撤廃と成果主義の推進。そのなかで高まる20代会社員の離職率。富士通人事部門出身の人事コンサルタントがその急速な変化の背景に潜む問題の核心に迫る、というこれでもかっという堅い内容で、強い調子の文体で書かれていることから問題の答えのようなものを少し期待していたが、ちょっと違う...というのが率直な印象。

景気の変化・人事制度の変化が20代にとって仕事を面白くないものにさせ...、と一見カンタンにわかりやすく書いてあるけど、全然わかりやすくない。そんなに単純な構図ではないと思う。情勢の変化だけに焦点を当て、人の内面というか考え方みたいのがおろそかにされている。自分含め、いまの20代となれば情勢がどんなでも考えの焦点は人それぞれ全然違うところにあるし、ましてやそれが情勢と連動してるかというと、そうとは限らないと思う。

それとこの書籍、20代のことよりもなぜかそれ以外の年代の話のほうが圧倒的に多い。例えば、バブル時代に就職を決めた30代会社員は次第に会社での居場所を失う、という指摘があるが、IT業界はドッグイヤーだマウスイヤーだと言われ、日進月歩で技術もナレッジも生まれ変わるんだ、などといわれるけど、そんな中でも変わらず大事にされてる考え方とかノウハウとか、相当あるはずで、なのに30代は技術トレンドをキャッチアップできない・20代には到底叶わない、として、30代はますます会社での居場所を失う、などと展開していくのは、ちょっとびっくりしてしまう。

正直、読み終わった感じがあまりよくなかったのだけど、Amazon のレビュー を見る限り、同じような意見を持つ人が結構いるみたい。

Boeing CM

Sunday, October 8th, 2006

boeing_cm.jpg

学生時代、アメリカ旅行の際に見てすごく印象に残った Boeing のテレビCM を YouTube で発見した(同じものじゃないかもだけどこんな感じだった)ので、勝手にリンク

映像の展開の仕方とか、Boeing ロゴの出方とか、いまみても激しく感動。Web でも Flash の普及とともに映像作品が増えてきたけど、テレビや映画に比べると全然負けている気がする。

映画業界では タイトル・デザイン という分野があって、映画作品によっては、それだけのために専門のデザイナーを雇うこともあるとか。クリエイティブに対する考え方が Web よりも進んでるような気がして、ちょっとうらやましい。