制約は創造性をはぐくむ

戦うWebデザイン―制約は創造性をはぐくむ

矛盾?ともとれるフレーズだけど、思い当たるようなところもあり、興味深いフレーズとして印象に残っている。

もともとは「戦うWebデザイン」という書籍のサブタイトルについていて、どんな意味で使われていたかほとんど忘れてしまったけれど、無の状態に創造性は生まれない・逆境ともいえるところにホントの創造性が発揮される、みたいな感じで、憂き目にあってる人々へのエールとしてだけでなく、創造性を生みはぐくむための普遍的な法則を明らかにしているような気がして、興味深い一冊だった。

これ「戦うWebデザイン」というヘンなタイトルの書籍が言っているヘンなフレーズ、と言われればそのとおりなのだけど、でも最近、同様のフレーズを Ruby on Rails の作者 David Heinemeier Hansson が講演のたびに使っているらしく、おもしろいことになっている。

Constraints are liberating (制約が自由をもたらす)というのがそれ。このフレーズは、Convention(規約)が車輪の再発明を抑制し、プログラマがホントにあたるべき機能の開発に専念できるようになる、という Rails の基本コンセプトを意味していると思われるが、このフレーズが意味するものは、Rails に限らず、デザインなどにも応用できそうな考え方のように思う。

創造力を豊かにするための一つの方法として、例えば、まず制約を仮説的に構築し範囲を限定した上で次のフェーズに進める、とか。仮説と検証、といわれれば普通だけど、デザインなど他分野にしても、仮説を立てることを創造力が発揮する土壌づくりと位置づけると、いま以上によく進められるかもしれない。

Leave a Reply