JSONP

JSON with Padding の略で、Mochikit 関連の動き からででてきた新手法らしい。URLのパラメータに指定した自由な名前で json 形式のデータが取れ、XMLHttpRequest の制約のひとつ、ドメイン越えを実現できるという仕組み...ということで、Using JSON with Yahoo! Web Services で紹介されている Using callback=function も JSONP と名はついてないけど似たようなものがあり、動的言語 JavaScript のデータ制御の幅がまたひとつ広がりそう。

Leave a Reply