JavaScript のホントのところ

業務で趣味で JavaScript を使う機会が多くなっている。ブラウザの挙動に差異がある、セキュリティ対処が必要といった難点があるのは確かだけど、Ajax をはじめ、ウェブの操作感を大きくかえる方法であることにかわりなく、自分的には今後大きく興味をそそられる分野になりそう。

最近 JavaScript というと、ほぼイコール Ajax みたいな捕らえ方があるけど、ホントにそうだろうか。すくなくとも国内の書店を見る限りでは、Ajax 全盛な感じでなんというか。

JavaScript は、偉い人の言葉を借りると

JavaScript is a very nice dynamic object-oriented general-purpose programming language.

ということで、単にプルダウンメニューの制御をするだけでない、単にDOMの制御をするだけでない、汎用的ですぐれたオブジェクト指向言語ということで、このあたりの特性が JavaScript のホントのところなんだと思う。

無名関数、クロージャ、プロトタイプベースオブジェクト指向、書いてて自分自身よくわかってないけど、このあたりもうちょっと勉強して、奥深い世界を探っていきたい。

Leave a Reply