Debian GNU/Linux (Etch) でのシリアルコンソール接続

おそらくサーバ運用における基本のキなんだろうけど、シリアルコンソール接続をはじめて設定してみて、思いのほかてこずったので、メモしておく(DebianマシンにWindows PCからアクセスする想定)。

/etc/inittab の以下を修正。

■修正前
#T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 9600 vt100
■修正後
T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 115200 vt100
#コメントアウトを削除の上、通信速度を変更。

反映のため、以下コマンドを実行。

# init q

/etc/securetty の以下を修正。

■修正前
#ttyS0
■修正後
ttyS0
#コメントアウトを削除

/boot/grub/menu.lst の以下を修正。

■追加
serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1
terminal --timeout=10 serial console

■kernel部分に「console=ttyS0,115200n8」を追加
title       Debian GNU/Linux, kernel 2.6.18-5-686
root        (hd0,0)
kernel      /boot/vmlinuz-2.6.18-5-686 root=/dev/hda1 ro console=tty0 console=ttyS0,115200n8
initrd      /boot/initrd.img-2.6.18-5-686
savedefault
title       Debian GNU/Linux, kernel 2.6.18-5-686 (single-user mode)
root        (hd0,0)
kernel      /boot/vmlinuz-2.6.18-5-686 root=/dev/hda1 ro single console=tty0 console=ttyS0,115200n8
initrd      /boot/initrd.img-2.6.18-5-686
savedefault

シリアルコンソール接続の範疇ではないが、今回、常用している putty ではなく UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2 を使用した。カーソルが点滅する設定を解除する方法を念のためメモ。

■修正前
NonblinkingCursor=off
■修正後
NonblinkingCursor=on

また、シリアルコンソール上で起動ログを見ていたところ、ipv6 モジュールが起動しようとして、エラーになっていたので(Etchではデフォルトで機能するらしい)、以下手順で無効化しておく。

/etc/modprobe.d/aliases の以下を修正。

■修正前
alias net-pf-10 ipv6
■修正後
alias net-pf-10 off

以下に参考にさせていただいたリソースを列挙しておく。

Leave a Reply